2009年02月04日

きんたろう

テーマ:健康管理

 金田君は、広告制作の会社「球磨川制作」に勤めています。代理店から依頼を受け、テーマに沿った広告を制作し、納品する仕事です。
 納期は厳しく、常に忙しい毎日でした。

 彼は、制作スキルが格別高いという訳ではありませんでしたが、体力には自信がありました。忙しい毎日が続くと、周りの人は次第に体の不調を訴え、気持ち的にもいっぱいになってしまい、ぎすぎすした雰囲気となっていきましたが、金田君はものともせず、いつも笑顔で対応をしていました。
 季節の変わり目、疲れがたまっていた周囲の人は、風邪をひいてしまい、業務に影響が出る事が多くなってしまいました。しかし、金田君は、風邪を全くひきません。笑顔で、エネルギッシュに仕事をこなしていきました。

 金田君は元気を武器に、今日もパワフルに働いています。

 筆者が以前に通っていた現場に、こんな方がいました。
 その方は、職業はエンジニアであるにも関わらず、運動が大好きで、日々ジム通いをしていました。体作りを科学的に分析し、心拍数を計測して最も効率のよい運動量を算出していました。また、長期の休みは海外に行き、ホノルルマラソンや耐久自転車レースなどのスポーツイベントに積極的に参加していました。
 少し変わった方でしたが、職場での人望は厚く、クライアントからの評価も良好でした。個人的にも大変お世話になり、信頼できる人間だなぁと常々感じていました。

 健康は、業務上だけではなく、生活を営むうえでも大切な事項です。普段はあまり気になりませんが、少し体調を崩したりしたときにその大切さが感じられます。普段から、予防策を講じておくに越したことはありません。

 健康に気を使っている人は、バイタリティに溢れています。仕事をしたうえで、他のことに対しても積極的に顔を出し、様々な人脈を築くことができます。そのような副次的効果も産み出します。

 今回は、特にデスクワークに従事するビジネスパーソンに起こりがちな、腰の痛みの予防にスポットを当てて、言及します。
 前述のバイタリティあふれる知人は、会社で使用している自分の椅子を処分し、代わりにバランスボールを配置していました。
 バランスボールは、不安定な状態を正常に戻そうとする動きから、体幹を支えるインナーマッスルが鍛えられます。また、前後左右のバランスを整えるため、デスクワークに従事するビジネスパーソンにおこりがちな体のゆがみが解消されます。
 90年代、欧州で学校などの公的機関がイスの代わりにバランスボールを導入する試みを行い、それから認知度を増して広まったようです。
 
 筆者も業務で一時期座りっぱなしの状態が続き、腰が疲れやすくなった事がありましたが、自宅でバランスボールを購入し使ってみると、1週間程度で腰の違和感がなくなり、症状が改善されました。特にバランスボールを使ってこれこれこういった類のエクササイズをするという訳ではなく、ただ単に座っていただけで効果が出ました。一時期流行した乗馬エクササイズ機の簡易版といったイメージでしょうか。
 デメリットは、場所を取る事です。日本の住宅事情では躊躇われる場合も多いかと思われます。
 しかし、ムリなく運動を続けることができ、価格も1000円程度からありますので、オススメです。

 腰痛が起こる主な原因には、背筋力の低下の可能性があります。バランスボールの他にもう一点、機材やお金を使わず、背筋を鍛える方法をご紹介します。バックエクステンションと呼ばれる鍛練方法です。

 1.やわらかい場所(ベッドやマットなど)の上にうつぶせに寝ます。手は前方に45度ずつくらい、足は肩幅くらいに開きます。
 2.その状態で、上半身全体と膝以下の足を、浮かせます。反動をつけず、腰が弓なりにならないように注意してください。
 3.浮かせたまま数秒間止め、ゆっくり元の状態に戻します。
 これを10回程度、一日に数セット行います。

 通常よく行われる、頭の後ろに手を組んでの背筋は、体への負荷が多く、故障の原因になりがちです。それに比べ、バックエクステンションは体への負荷が少なく、故障を未然に防ぎます。

 注意点としては、バックエクステンションで背筋だけを鍛えるとバランスが悪くなるので、同時に腹筋も鍛えましょう。

 負荷の少ない腹筋運動は、以下のように行います。
 1.やわらかい場所の上に仰向けに寝ます。手は胸の前でWの形(DAIGOの「うぃっしゅ」のようなポーズ)に組み、ひざを90度に曲げます。
 2.その状態で、両肘をゆっくり両ひざにつけます。
 3.ゆっくり戻します。
 これをバックエクステンションと同様、10回程度、一日に数セット行います。

 2〜3日すると(人によっては当日から)実感できる程の効果が現れます。ただこの方法は大変きついので、回数を調整しながら試行してみてください。
posted by cozyjet at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | にほん無瑕疵話