2009年07月04日

漁師とマグロ

テーマ:モチベーションマネジメント

 亮君は、小さな会社に所属する社員。
 彼のモットーは、とにかく自分の身になりそうなことであれば「とりあえずやってみる」こと。将来的に何かビジネスを興そうと考えていますが、まだやりたいことは決まっていません。とりあえず新聞や書籍・雑誌を読み、アンテナを張り巡らせていました。会計など共通で必要な知識を身に着け、自分が好きなことと同じ興味を持つ人を探しては、頻繁に声をかけ、輪を広げる努力をしていました。
 
 やがて、あるビジネスのアイディアが知人から出されました。亮君は強く興味を持ち、そのアイディアをもとに事業を興すことにしました。

 事業を興してからは、それまでにとりあえず学習したことが役に立ちました。また、それまでに構築した人脈も有効利用しています。
 とにかくやっておいてよかった、亮君は思いました。

 この話は、筆者の友人がモデルになっています。とにかく行動力のある友人で、まだ具体的にどのような事をやりたいか決まってはいないものの、将来的には何かしら成し遂げようと熱い信念を持ち、賛同者を周りにつけています。人間的な魅力も高い人物です。
 行動し続ければ良いことがあるということを端的に物語り、裏付けています。
 単純に、1行動する人と10行動する人がいれば、後者は前者より10倍の機会に恵まれることになります。デメリットは10倍の負荷がかかることですが、金銭面ではなく行動面で賄えるのであれば本人の体力と効率次第ですので、行動しないに越したことはありません。

 それでは、やる気が起こらず、なかなか行動に移せない場合、どうすればよいでしょうか?
 行動力の源泉を、心理学、脳科学からひもといてみましょう。

 人の脳には、側坐核と呼ばれる部位があります。1cm程度の小さな器官ですが、GABA、ドーパミン、などの神経伝達物質に強い関連を持ち、報酬、快感、嗜癖、恐怖に強くかかわる部位と認識されています。
 ラットの実験で、スイッチを押すとこの部位に電流が流れるという実験を行ったところ、ラットは進んでスイッチを押しにいくという結果が得られました。
 人間にとっても「やる気」にかかわる大きなファクターであると認識されています。

 それでは、どのようにすればこの部位に刺激を与えることができるのでしょうか。
 脳科学の世界では、以下を実施することで、側坐核に刺激を加えることができると言われています。
 ・作業自体を楽しむ
 ・目標を定める
 ・とりあえず着手する

 ここで注目してもらいたいのは、最下部の「とりあえず着手する」の部分です。
 作業が楽しければ問題ないですし、明確な目標・マイルストンの作成と定期的な改訂は、一般的にもよく言われているモチベーション管理の方法論です。しかし、基礎学習や反復学習など、すべて楽しいものとは限らず、また、日によって気のりしないということは往々にして発生します。
 気のりしない状態でも、とりあえず作業に着手すると、この側坐核に刺激が伝わり、徐々にやる気が出てきます。これをドイツの精神医学者エミール・クレペリンは、作業興奮と名付けました。
 現在この概念は、学習塾などで利用されています。

 経験則としても、頷けますね。ランナーズ・ハイなども同種ではないでしょうか。
 筆者は掃除などあまり頻繁にしないタイプですが、一度着手するとかなり念入りにしてしまいます。

 あわせて、ピグマリオン効果について記述します。
 これは、アメリカの教育心理学者ロバート・ローゼンタールが提唱した概念で、人は、期待された成果を出す傾向がある、というものです。教師期待効果とも呼ばれています。
 ある教室において、無作為に抽出した学生を「この学生は知能テストの結果、今後数カ月で成績が伸びる」と教師に伝えたところ、実際に数ヵ月後その学生の成績が上昇した、というものです。
 学習を受けた人物は、教師からの期待に応えようとする心理が働いた、というわけです。

 これを応用し、自分を教師と生徒の二役、もしくは協力者を教師に見立てて、必ず目標が達成できると信じて行動しましょう。プラシーボ効果とも相まって、効率よく学習することができます。
 成功哲学の祖であるナポレオン・ヒルも、絶対にやる、絶対にできるという信念が大切であると述べています。
 一寸法師の回でも同様の主張をしました。
 「やればできる!」
 「なんでやらないんだよ!」
 あるテニスプレイヤーが熱血指導する時に使うこれらの言葉、あながち間違いではないんですね。
posted by cozyjet at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イソップ働話