2009年04月30日

ヘンゼルとグレーテル

テーマ:ロジカルシンキング

 片競さんと暮照さんは、仲良し二人組。メーカーに勤め、商品企画を担当しています。

 二人が考案したある商品は、一定以上の売上をあげていました。お客様の細かい要望を逐次取り入れ、少しずつカスタマイズを加えて、バージョンアップを繰り返していました。
 
 しかし、その商品は、ある時点でぱったり売れなくなってしまったのです。原因が分からなかった二人は、何が原因か、なぜそうなってしまったのかがわからず、今後どのように販売戦略を練るべきか、迷ってしまっていました。

 二人は、今回の問題の原因をブレークダウンする作業に入りました。考えられる原因をもれなく羅列し、さらにそこに至った原因を細分化して考えました。それらに因果関係を持たせるため線で結び、図示したのです。

 問題の全体像を見てみたところ、ある時点でのバージョンアップがお客様の訴求ポイントからずれてしまっていたことが判明しました。
 早速、そこで加えた修正を元のコンセプトに戻すよう指示したところ、また売上があがるようになったのでした。

 これまでの企画の道筋をたどることで、二人は迷子になっていた森の中から、無事抜け出すことができました。
 
 ある複雑な問題があり、それを解決しようとする場合、問題の原因を深く掘り下げていく作業が必要です。
 複雑といっても、分解していくとひとつひとつは単純な問題にあたります。分解した結果がまだ複雑であった場合、さらに分解を繰り返すことで、問題の難易度はブレークダウンされていきます。

 これを図示して利用するロジカルシンキングフレームワークとして、ロジックツリーがあります。
 ある問題をトップに配置し、その原因をひとつ下の階層に列挙します。それらの原因をさらに細分化し、もうひとつ下の階層に列挙します。一般的には三階層まで分割しますが、事象が複雑な場合はさらに細分化していきます。
 図示することで問題の全体像を把握することができ、対策を錬りやすくなります。

 同様に、ツリー構造で事象の把握を行うものに、ピラミッドストラクチャーがあります。これは、マッキンゼー社に初の女性コンサルタントとして入社したバーバラ・ミント氏が考案した図解技法です。
 ある事柄に対して、
 ・So What(だからどうなのか)- トップダウン的アプローチ
 ・Why So(なぜそうなのか)- ボトムアップ的アプローチ
 を考えることで、論理の飛躍を防止します。
 これをそのまま図に示すと、結論と要因の結びつきがツリー構造にあらわされます。
 この図は、論理的なコミュニケーションをはかることを目的として作成します。理論武装の効果的な一種としてとらえるとよいかもしれません。もちろん文書コミュニケーションでも非常に有効な概念です。構造は似ていますが、問題解決を目的とするロジックツリーとは意味合いが異なります。

 どちらの図解方法にしても、クリティカルシンキングの基本であるMECEに則って記述します。物事の全体像がより論理的に表現することが可能となります。
 
 他にツリー構造の図解方式として、特性要因図フィッシュボーンチャート)、因果関係図などがありますが、それらはまた別の機会に。
posted by cozyjet at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グリム働話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25645706
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック