2009年04月03日

ねずみと鳥とソーセージ

テーマ:キャリアプランニング

 あるところに、小さなカフェがありました。
 
 このカフェは、3名の主要メンバーで運営しています。鳥川君、祢津山君、誠二君のメンバーです。調理師専門学校時代の同期で、仲のよいメンバーで立ち上げた会社です。
 鳥川君は広報の主担当。普段は調理もしますが、ビラを配ったり、HPを立ち上げたりの宣伝に力を入れていました。ほがらかで人当たりがよく、度胸もあり、よくお客様を仕事を取ってきていました。
 祢津山君は経理とウェイター担当。数字の計算が得意で、お金の扱いがうまく、運営に必要な処理を順調にこなしていました。
 誠二君は調理主担当。料理の才能があり、おいしい料理をお客様に振る舞い、いつも高い評価をもらっていました。
 それぞれが役割を順調にこなし、カフェは小さいながらも順調な成長を描いていました。

 ある日、鳥川君が友人と飲んでいるとき、このように言われました。
 「なんだかお前だけ仕事が多くて、損な役回りじゃない?小さいカフェなんだし、みんなそれぞれがローテーションで違う仕事をしてみるのも知見が広がっていいんじゃないかなあ。」
 鳥川君はその話を聞いて、確かに自分だけいつも作業量が多い営業関係をやっていて、他の二人はテナントでぬくぬくしてるんじゃないかなあ、そう感じました。

 翌日、鳥川君は他の二人に、広報をやってくれ、オレはカフェ内の作業をするからローテーションして仕事しよう、そう打診しました。
 祢津山君と誠二君は自分の担当している分野が好きで、他にまわる自信もなく、強く抵抗しましたが、鳥川君は広報や営業はもうやらないの一点張りで全く話を聞き入れてくれません。
 しかたなく、広報は誠二君、経理・ウェイターは鳥川君、調理は祢津山君が担当することになりました。

 この配置換えはうまく回りませんでした。誠二君はある宣伝の場で、緊張のためにだいぶ間違った情報を流してしまいました。こんな金額で運営していたらカフェがつぶれてしまう、そう判断した鳥川君は一緒に宣伝会社に謝罪しにいき、なんとか事なきを得ましたが、誠二君はすっかり自信をなくし、カフェを辞めてしまいました。二人は一生懸命引き止めましたが、誠二君が心変わりすることはありませんでした。残った二人は、なんとか二人でやっていこうと心に決めました。

 鳥川君は調理に追われました。しかし、誠二君の調理能力が有能だったらしく、いくら専門学校時代に同じことを学んだといっても、その腕の違いはあきらかでした。やがて繁忙期の時間を回せなくなり、鳥川君もギブアップしてしまいました。
 
 祢津山君は一人残ってしまいましたが、当然一人だけではうまくまわすことができません。人材募集の広告を投げてもなかなかよい人材が集まらず、結局カフェをたたむことを決めてしまいました。

 今日は、キャリアアンカーの話です。

 キャリアアンカーは、MBA用語で、MIT(マサチューセッツ工科大学)の名誉教授で心理学者のエドガー・H・シャイン氏によって提唱された概念です。
 人にはキャリアを選択する際、最も大切にするものがあり、それは周囲の状況が変化しても、自己の内面で不動なものです。
 具体的には、それぞれ以下の8つのどれかに当てはまる、と定義しました。

 ・管理能力:組織内で責任ある役割を担いたい欲求。
 ・技術的・機能的能力:自分の技術や専門性を極限まで磨きたい欲求。
 ・安全性:企業の中で、安定的に1つの組織に属したい欲求。
 ・創造性:新しいものやことを実現したい欲求。
 ・自律と独立:自ら独立したい欲求。
 ・奉仕・社会献身:周囲や社会に奉仕・貢献したい欲求。
 ・純粋な挑戦:挑戦すること自体に楽しみを覚える欲求。
 ・ワーク・ライフバランス:仕事と生活のバランスをうまくとりたい欲求。

 誰もが上記のいずれかに属します。これは、一度人格が形成されてしまうとなかなか変えることはできないかもしれません。しかし、逆に自分が望むキャリアと進みたいキャリアの方向性が合致すれば、特段優位になります。

 企業側からすれば、社員それぞれが上記のどれに属するかを見極め、上手に配置を行うことが求められます。「ワーク・ライフバランス」型の社員に対して残業が多い仕事を割り振っても、社員はいずれ辞めてしまうでしょう。逆に、「純粋な挑戦」型の社員に安定的な職を与えると、物足りなさを覚えてしまうでしょう。

 被雇用者側からは、自分のタイプに該当するキャリアを希望しましょう。無理は長続きしません。
 もし希望が通らなかった場合でも、アプローチの仕方により職場環境は改善されます。自分は仕事に対してこのように考えているという事を、ところどころでアピールしてみましょう。

 自分のタイプは8つのうちどれに当てはまりますか?そして、今の自分の仕事状況はそのタイプに合致していますか?あなたのキャリアのアンカー(いかり)はしっかりとおろされていますか?
posted by cozyjet at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グリム働話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28165900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック