2009年05月09日

大きなかぶ

テーマ:ロジカルシンキング

 A社は、とあるおもちゃ会社。新興市場に上場していて、同じ市場に上場しているB社とはライバル関係にあります。

 A社では、最近は商品のラインアップがマンネリ気味になっていました。そこで、何か新しいタイプのおもちゃを開発し、売上を向上させることを企てました。

 はじめ、企画部の社員がひとりで考えていましたが、なかなかよい案は出てきません。そのうち、もう一人の意見も聞き、二人で考えることにしました。
 ふたりで考えてだんだんよい案がでるようになったのですが、それでも画期的な案はでてきません。ほかの社員の意見も訊ね、三人で考えます。

 こうして、ひとりずつ人数を増やし、ある程度の人数が集まりました。
 これを一人ひとり別々に考えていたら効率が悪いと判断しました。全員を会議室に集め、自由に意見を言い、とにかくたくさんの案を出してもらうことにしました。
 途中で「その案はどうだろう」という批判的な社員もいましたが、そういった批判は禁止することにしたのです。

 ある程度出されたところで発案は止まってしまいましたが、類似はないか、逆に考えるとどうなるかといった視点で再考を促すと、また新しい案が出てきました。
 案は、使い物にならないものから、部分的には魅力的にみえるもの、奇抜なもの、斬新なものなど、様々なタイプのものが出されました。

 案が出きったところで、実現性、予想される原価、安全性、商品の訴求力など、様々な角度から分析し、結果的にすべての要件を満たす、ひとつの素晴らしい商品案が完成しました。

 この案がもとで、製品の売上は急上昇。会社の株価もウナギ登りで、ライバルB社の株価を大きく抜くことに成功しました。 

 何か新しい計画や案を考えるとき、どのような方法をとっていますか?
 発想は、一人では限界があります。「三人寄れば文殊の知恵」という格言にもあるように、複数の人が案を持ち寄れば、一人のときよりも断然よいアイディアが産みだされるでしょう。
 ここでは、どのように独創的・先進的な案を産み出すか、その案の中からどのように有効な案を整理するか、そこに焦点を当てて考えてみます。
 
 自由な発想、新しい案が欲しいときに有効な方法として、ブレーンストーミングがあります。集団発想法ブレストBS法などとも呼ばれています。これは、複数人が自由に案を出しあい、それをホワイトボードなどに列記していく発案方法で、独創性の高いアイデアを生み出す可能性を高めることができる方法論です。各員が参加することで、それぞれの当事者意識を高め、やる気を促すという副次効果もあります。
 このブレーンストーミングには、いくつかのルールがあります。
 ・質より量
  ひとつひとつの案の内容を都度吟味するのではなく、とにかく量を出すことに重点を当てます。
 ・批判禁止
  量がそろうまで、発案に対する否定的な意見は禁止します。
 ・自由意見の受け入れ
  独創性を発揮させるため、奇抜な意見を受け入れます。
 ・意見の派生
  出されたアイデアを派生させたり、アイデア同士をくっつけ、また新しいアイデアを生み出します。
 できれば、ファシリテータ(司会進行)役を置きましょう。ファシリテータの役割は、上記のルールを守っているかを判断すること
です。また、意見が頭打ちになってきた段階で「この意見を派生させることはできるでしょうか?」「これを逆に考えてみるとどうでしょう?」などの質問を行い、参加者の発想を促進させることです。

 ブレーンストーミングでたくさんの案が挙げられたら、案をまとめあげカテゴライズします。この時有効な方法に、KJ法があります。KJ法は文化人類学者で東京工業大学名誉教授の川喜田二郎氏が考案した概念で、その姓名の頭文字をとってKJ法と名付けられています。
 KJ法は、次の工程にて実施します。
 ・意見ひとつひとつをカード1枚に書き、広げる
 ・カードを同じジャンルのものでまとめて重ね、グループ名(見出し)をつける
 ・関連性のあるグループ同士を空間的に近い位置に配置し、矢印等で関連性を表す(図解化)
 ・文章に起こす(叙述化)

 今回はこれまでと毛色が変わり、複数人で実践するロジカルシンキングフレームワークの紹介でした。ロジカルシンキングでは、因果関係を考察することが胆になります。MECEとともに、強く意識しましょう。
posted by cozyjet at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア働話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28802940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック