2010年02月14日

カラスと水がめ

テーマ:キャリアマネジメント

 烏丸君は、ラーメンが大好き。サラリーマンを10年勤めましたが、あまりにもラーメン好きが高じて、趣味でラーメンを作るようになってから、次第に自分で店を開きたい!と思うようになりました。

そんなこんなで脱サラして、店舗を開店。しかし、全く別の業界から新しく始めたため、いくらラーメンが好きといっても、素人の商売。全く店は閑古鳥状態です。

 烏丸君は研究を重ねました。これまではただ単に自分好みの味を追求していましたが、立地上のターゲッティングが合っているかを考え、本当に求められている商品を生み出すべく日夜繰り返して作り直しました。また、マーケティングなどからっきしでしたが、様々な書籍を読みふけり、学習していきました。全く違う業界からの参入のため、理論をいくら覚えてもすぐに忘れてしまいがちでしたが、何度も何度も繰り返し読み込み、自分の立場に関連付けることで、次第に自分が扱える有益な内容へと昇華させていきました。

 こうして烏丸君のラーメン屋は、繁盛するようになりました。
 とくにスープは、
 「おいしいスープが味わえる」
 と評判になり、行列のできる店へと生まれ変わったのです。

 お久しぶりです。
 本業が忙しく、しばらく当ブログが遠い存在になってしまっていました。今日からまた心機一転、再開しようと思います。
 
 今回は、忘却曲線理論のお話です。

 ほとんどの職種において、知識は大切な要素です。このブログでも、“普遍的”という枠を設けていますが、有用なフレームワークを身につけることをメインテーマとしています。
 知識とは、一体どのように身につけるものでしょうか?一つは経験・体験すること。これはどの職業でも基本的な事です。しかし、経験・体験からは、ある限定された知識しか身に付かないのも事実です。ある職業における総知識が100とするならば、自分が経験する事で得られる知識は、その中でだいぶ絞られた数値になってしまうでしょう。職業によって異なるため何とも言えない部分はありますが、筆者が従事している職種上の感覚では、1年間で3〜4、一生かけたとしても(重複知識を含むため)20程度しか得られないのではないかと感じています。

 この足りない部分の知識は、どのように補うものでしょうか?それは、本や書籍を読む、新聞やインターネットで情報を仕入れる、セミナーや勉強会、業務外の飲み会・懇親の席などで人から吸収するなど、形は様々ですが、結局は「学習する」ことに集束されます。
 当ブログの“はじめに”では、こんなことわざを紹介していたのを憶えていますでしょうか。

 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

 繰り返しになりますが、これは本当に重要な概念です。
 あなたがやっている仕事が、人類がこれまでに1度も経験したことがないような事であれば、このことわざは当てはまらないかもしれません。しかし、そのような人はほとんどいないでしょう。
 既存の職業であれば、既存の知識が既に確立しています。今やろうとしている仕事が革新的なものであったとしても、その内容はその職業における過去の知識の蓄積があって、そこから生まれる事でしょう。
 例えば、音楽業界では、様々なジャンルが新しく生み出されています。しかし、これらは、あるジャンルを発展させたもの、あるジャンルとあるジャンルを組み合わせたものなど、過去をベースにしているものがほとんどです。過去に捉われない前衛的なジャンルもありますが、残念ながらそのような類は、一般にはなかなか浸透しにくいものでもあります。

 話がそれてしまいましたので、軌道修正しましょう。
 確立されている理論や歴史を学ぶことはとても重要ですが、経験で得た知識と異なり、学習で得た知識は忘れてしまいやすいという特性があります。

 ここで、エビングハウスの忘却曲線を紹介します。
 これは、記憶の忘却について研究した19〜20世紀ドイツの心理学者、エビングハウスが発見した理論です。意味を持たないつづりの単語をいくつか記憶したところ、20分で40%強、1日で60%弱を忘れてしまったものの、1週間後には80%弱、1月で80%程度の忘却率に留められたという実験結果から導き出されました。記憶の定着率は、はじめは急激に下降するものの、残りの部分はしばらく忘れないという内容で、指数関数的な減少となっています。

 これを踏まえると、学習の際に注意すべき内容がみえてきます。
 それは、以下の2点です。
 
 ・繰り返し学習する
 よく学習塾などでは、復習が大切であると説きます。これは至極もっともな話で、単純にエビングハウスの忘却曲線に照らし合わせれば、1度の記憶において1月で20%程度の定着があるのであれば、残りの80%をもう一度学習すれば、さらにその20%、つまり16%は1月分の定着を行い、合計36%の定着率となります。3度学習すれば64%の2割である約13%が定着し、1月で約50%は記憶している計算となります。実際は既に学習している内容をもう一度学習するのですから、さらに定着率は高まることでしょう。資格試験などでも、いったん学習した後、過去問を数回〜十数回分解く行為は、とても理に適っています。

 ・関連付けて記憶する
 エビングハウスの実験では、全く無意味なつづりを用いました。これが意味のある単語であれば、より緩やかな曲線となると考えられています。自身の興味、また、身の回りの事柄への置き換えを行うことによって、より強固な定着が起こることでしょう。

 会社における新人教育の場で、「簡単に答えを教えるな」とする会社がよくあります。これは、新人に身をもって体験させ、試行錯誤を繰り返させることで、本人の記憶定着率を高めるための行為です。決して意地悪をしている訳ではないんですね。
 
 記憶力がずば抜けている人は、それほど多くはありません。しかし、“繰り返す”、“身の回りの内容に置き換える”の2点を実行すれば、飛躍的に記憶を定着させる力が身に着きます。せっかく学習するのであれば、こうやって長い期間の知識として定着させてしまったほうが、結果的にはお得ですよね。
posted by cozyjet at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イソップ働話

2009年08月14日

幸せの青い鳥

テーマ:モチベーションマネジメント

 散山さんと道本さんは、互いに仲良しな二人。
 社会人になって数年、いつも「楽しい仕事ってなんだろう」と考えています。

 過去を振り返ってみました。忙しい日々、退屈な日々。。ところどころで楽しいと思ったことはありましたが、業務上で面白いことは、あまり感じられなかったなぁと思いました。

 数年同じ場所に留まって、少しだれてきたのかな?忙しいところにいけば、面白さを感じるかもしれない。そう考えた二人は、転職活動し、仕事場を移してみました。
 二人のそれぞれの新しい職場では、そこで得られる達成感のようなものはありました。しかし、あまりの忙しさに、楽しさをおぼえることはなかなかできませんでした。

 すっかり疲弊した二人は、社風が明るい、楽しいと喧伝されている職場に移ることにしました。
 しかし、会社側のうたい文句ではどうとでも言えるもの。人間関係のしがらみや教育制度の不満など、様々な問題が出てくるようになりました。

 二人は、お互いに相談します。
 散山さん「いい仕事って、なかなかみつからないねぇ。」
 道本さん「そうだねぇ。なんだか疲れちゃった。」
 散山さん「でも、これまでの職場でも、楽しそうにしている人っていたんだよね。」
 道本さん「私たちと何が違うのかな?同じ環境の中にいるのにね。」
 散山さん「今ちょうどうちの会社にもそんな人がいるから、様子をみてみようかな。」
 道本さん「私もそうしてみよう。」

 こうして二人は、それぞれ近くにいる、仕事を楽しそうにしている人を観察することにしました。
 みつかった共通点は、楽しんで仕事をしている人はみな、自分から進んで積極的に仕事をしていました。また、何が自分にとっての楽しみなのかをはっきりさせていました。

 (そうか、私たちは周りから与えられるものに頼りすぎていたんだな。環境ではなく、自分で楽しめる職場に変えていけるようにしていかなきゃ。楽しみも与えられた環境の中で見つけていこう。)

 二人にとって、大きな発見です。
 これから少しずつ変わっていけそうな気がしました。

 青い鳥症候群。自分の仕事にあった、理想的な環境を求めて転々とすることです。
近年は構造不況による将来への不安や終身雇用崩壊を背景にして、このような考えを持った人はますます増えているのではないでしょうか。

 とはいえ、理想の職場というのはなかなかみつかりません。
 簡単な統計モデルをみてみましょう。
bunpu.gif

 上記は、通常の分布、「正規分布」の図です。
 自分が追い求める“理想”には、給与、休日、様々な面があると思われます。それらの各種条件を統合すると、平均的な会社が最も多く、“理想”に該当する企業数は、全体数からみれば格段に落ちてしまいます(逆もまた然りです)。
 良い条件の企業であれば、もちろん競争率は上がります。社員へのベネフィットが高いと評されているgoogle社の求人倍率は、200倍(200人が受けて1人が合格する)だそうです。

 職場環境を動機付け要因とするには、かなり上位に入る何かしらの特性を持っていなければなりません。こういった能力を得るには、教育や鍛錬に時間がかかります。「青い鳥症候群」の人たちは、そういった点を飛ばしているようにも思えます。

 このように外側から得られるモチベーションを、外発的動機付けと呼びます。しかし前述のように、高いモチベーションが得られる良い環境には、高いモチベーションを持って自分自身を鍛えなければなりません。
 “卵が先か鶏が先か”のように、こうした着眼は不毛な論理ですね。

 一方、内発的動機付けというものがあります。こちらは、自分自身の考え方や好奇心、関心などに依存するモチベーション要因で、上は天井知らずに効果を発揮します。ハーズバーグの二要因理論(「オオカミ少年」の回参照)でもとりあげている内容です。
 あるデータによると、外発的要因よりも、内発的要因の方が実際に大きくモチベーションを上昇させる効果があるという実験結果がありました。
 最高の環境を求めるのではなく、自身の考え方、とらえ方次第で、モチベーションを大きく上げることができます。
 
 ここで、内発的要因を手助けする、ある物質に着目してみましょう。
 セロトニンについてです。
 セロトニンは脳内神経伝達物質の一種で、気持ちを安定させる、ストレスを軽減させる、興奮や悲しみをコントロールするなどの効果があります。マイナス思考を防ぎ、プラス思考への手助けをします。
 
 それでは、セロトニンは、どうすれば増えるのでしょうか?
 以下に、セロトニンを増やすための方法を挙げていきます。

 ・食べ物から摂取する
 セロトニンの主原料は、トリプトファンと呼ばれるものです。これらは、肉類、魚類、乳製品、バナナなどに多く含まれています。
 ただし、トリプトファンだけではセロトニンは作られません。ビタミンB6、ナイアシン、マグネシウムなどと合成することでセロトニンは生成されます。これらは、魚類、貝類、野菜などに多く含まれています。
 主食と副菜をバランスよく食べることで、セロトニンは生成されます。

 ・日光を浴びる
 太陽の光を浴びることで、セロトニンは活性化されます。
 あまり日を浴びない人は、ひなたぼっこなどするとよいかもしれません。

 ・リズム運動を行う
 一定周期の運動を行うことで、セロトニンは活性化されます。水泳、ウォーキング、ジョギング、スクワット、ダンスなどが効果的です。このようなはっきりとした運動だけではなく、ストレッチ、マッサージ、ガムをかむなども効果があるようです。

 「幸せはいつも自分の心が決める」。相田みつお氏の言葉です。
 強い心を持ち、ストレスと上手に付き合い、楽しく業務に当たりたいですね。
posted by cozyjet at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー働話

2009年08月01日

星の金貨

テーマ:キャリアプランニング

 証券系の金融機関で働く、中堅女性社員がいました。
 彼女は勤勉ですが誠実で、何よりも人との関係を重視していました。

 後輩が経験不足で困っている場合、自分の業務がある一方で教育に力を注ぎ、後輩の成長を心から望みました。
 
 ある手法で大きな利益が得られると予想できても、社会的道義に反すると判断した場合、選択肢から外すようにしました。しかしビジネスである以上利益を出すことを命題と捉え、損失は最小限に抑える努力をおこないました。

 彼女は、目に見える形での成果は他の同期社員に比べ、多くありませんでした。そのため、給与はそれほど上がりませんでしたが、つつましい性格であったため、一定額で満足していました。
 得られた給与も、交際費や書籍の購入などに充てました。

 やがてしばらく時が流れ、ある重要なポストが空いた時、長く見ていた周囲のメンバーからの推薦で、他の同期ではなく、彼女がそのポストに着くことになりました。本当に大切な部分は、ゆっくり理解され、浸透していたのです。

 今回は“投資”の話です。
 とはいっても、ここでのテーマは、株式や為替、先物取引などの直接的な金融投資ではなく、自己に対する金銭や時間の投資に関してです。

 あなたがある一定の財産を持っている時、その財産をどのようなことに使いますか?
 ・貯蓄する
 ・資産運用する
 ・自己投資する
 ・消費する
 これらの選択肢が浮かぶと思われます。
 それぞれ一長一短があります。ひとつずつ順にみてみましょう。
 
 ・貯蓄する
 最も単純な選択肢で、特に日本人にはこの選択を行う人が最も多いでしょう。特徴として、ノーリスク・ノーリターンではありますが、経済が成長する場合に成長率を上回る利息が設定されていない場合、結果的には損をしてしまいます(微々たる額ではありますが)。経済が停滞している、または落ち込んでいる場合には、貯蓄は有効な手段となります。

 ・資産運用する
 株式や為替、先物取引などにより、資産を増やす手段です。資産が増える可能性と損失が発生するリスクがあります。
 キャピタルゲイン・インカムゲインに加え、運用のノウハウを学べる、経済に詳しくなるなどの副次的効果が挙げられます。投機は行わないように気をつける必要があります。

 ・自己投資する
 学習や鍛錬、交流など、自分自身に資産や時間を使うことにより、それによって得られる知識や技術、人脈を使って、より多くの利益を得ることを目的とします。

 ・消費する
 社会的にみれば経済が潤うなどのメリットがありますが、個人レベルでは損失となることが多いでしょう。しかし、消費によりストレスを緩和し業務意欲を増進させる、知見を広げることができるなどの効果があります。浪費は論外ですが。

 今回の話では、自己投資にスポットをあて、戦略的ROIについて検証します。
 ROIとはReturn on Investmentの略で、「費用対効果」、「投資対効果」、「投資利益率」などと呼びます。

 投資にかかった金額をx、投資によって得られた利益をyとすると、
 y ≧ x
 y ÷ x ≧ 1
 である必要があります。
 y ÷ x は、大きければ大きいほど、より効果があります。機会損失(金銭や時間を投資しなければ得られていたはずの利益の損失分)をあわせて考慮するなら、y ÷ xが1では厳しいでしょう。

 投資の意思決定は、以下のプロセスに沿って行います。
 ・情報の収集
 ・情報の判断
 ・投資の実行
 ・投資の効果測定
 ・投資の再考

 ひとつずつ分析していきます。

 ・情報の収集
 投資の判断に必要な情報を集めます。
 全く新しいビジネスを発信する場合を除いて、歴史上様々な例が残されてあり、何かしら近い形の用例が残されています。質を重視する場合は書籍など、量を重視する場合にはインターネットなどのチャネルを用います。人づてに活きた情報を得ることも有効です。
 
 ・情報の判断
 インターネットの普及により、現代社会においては情報が洪水のようにあふれています。有効な情報を取捨選択する能力が求められます。自己の利益にかなった情報を素早く、正しく、効率的に選別する能力のことを情報リテラシと呼びます。
 インプットとアウトプット、投資に対する利益を定量的に見定めます。
 筆者はIT関連の職業に従事していますが、企業がIT投資において失敗してしまう場合、この時点で失敗していることが多くあります。ある側面では成功しているように見えても、別な角度からは失敗になるなどはよくあるケースです。この判断は、とても重要なファクターです。

 ・投資の実行
 判断した情報をもとに、投資を行います。
 投資した結果、投資額を上回る効果が予想される場合、実際に投資を行います。
 資産運用はよく「余裕資金」でおこなうことと言われますが、自己投資も同様です。資金繰りがショートしてしまっては意味がありません。
 また、前述の機会損失を考慮したROIが効果的ではないと判断した場合、投資を行わない選択をします。
 あわせて、時間軸も考慮しましょう。長期的視野で効果がうまれる場合、その間の資金が担保されているか、その間により効率的な投資が行えないかの判断を行います。また同様に、得られる効果のライフサイクルを考慮します。短期的には効果が少なくとも、ライフサイクルが長い効果であれば、長期的にはプラスになることがあります。その逆も然りで、短期的に利益が得られると予想されても、収束されることが予想される場合、長期では結果的に投資が効果を上回らないか判断します。

 ・投資の効果測定
 投資を行った結果を確認します。
 予想と実際は異なる場合が多くあります。投資して得られた結果を確認し、予想時の想定と比較しましょう。
 一定間隔で効果を確認することが望まれます。測定データが多くあればあるほど、予想しやすくなります。

 ・投資の再考
 当初の予想を下回っていた場合、投資を続けるべきか判断します。意地になって続けても効果が上向かないと早めに見切りをつけましょう。
 逆に予想よりも高い効果が得られている場合には、増資を視野に入れましょう。
 予想通りだった場合でも、社会的情勢や周辺環境の変化、突発的な事象の発生などを考慮しながら、投資の有無、投資額の増減を定期的に判断します。

 ここまで、自己投資に対するそれぞれの過程で気をつけるべき項目を確認しました。ここまでは、金銭や時間の効率性に着目しています。
 しかしここで注意してほしいことは、これらはあくまでビジネス上の考え方の話であることです。
 人間関係において、金銭のやりとりは非常にドライなつながりです。むやみやたらに人とのつながりに金銭や時間の効率性だけを求めていては、相手もいずれ同様の立場・考え方に辿りつきます。自分自身が何かのタイミングで非常に弱い立場になったとき、そのような関係はあっという間に途絶えてしまいます。
 物語のように、無償の貢献やサービスの提供があってこそ、真の人と人とのつながりといえます。本当に困った時に助けてくれる人物は、オフビジネスでの関係であるパターンが多くあります。ONとOFFの切り替えを行い、OFF時はまた別な判断を行いましょう。
 もちろんビジネスの関係上でも、貢献や奉仕の心は大切です。ビジネスでは“利益を得る”という命題がある以上難しい部分はありますが、自己の利益のみを最大化する人ばかりではないので、本当に長く付き合いたい人との間では、利益だけではない関係を築きましょう。

 人脈、趣味や休暇の過ごし方などでは、エフィシエント、効率的でなかったとしても、その中に、またはその過程にこそ価値があることがあります。このような分野においては利益のみに偏重せず、個人の価値観や社会性、道徳に従って行動すべきです。特に日本の社会では、これらが重視されます。人間的な魅力にもつながります。

 ある曲に、このような歌詞があります。
 「くだらない話で安らげる僕らはその愚かさこそが何よりも宝物」
 利益という観点では、投資により自己を高めることは大切です。ですが、直接的な利益だけでなく、このような部分も大切にしていきたいものです。
posted by cozyjet at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グリム働話