2009年06月12日

狐と木こり

テーマ:人脈構築

 木津根さんは、ある企業で書類を作成する業務を行っていました。作成した書類は、上司の郡山さんに確認してもらい、承認された上でクライアントに送る手筈となっています。

 木津根さんは物事をはっきり言う性格で、郡山さんはいつも調子のいい事を言っています。
 今日も郡山さんは、
 郡山さん「何かあったらオレが責任を取るから、安心して働いてくれ」
 と言っては仕事中のみんなの周りをまわっていましたが、いつもネットサーフィン三昧。仕事らしい仕事をしているところをみたことがありませんでした。
 木津根さんは元々真面目な性分で、郡山さんの勤務態度にイライラしていました。
 郡山さん「あぁ、忙しい忙しい」
 木津根さん「…はぁ」

 ある日、木津根さんは、書類の記述でミスをしてしまい、誤って記述したものをお客様に送ってしまいました。長い付き合いがあるクライアントの狩野様に、ご迷惑をおかけしてしまったのです。郡山さんのチェックは入っていたはずでしたが、その段階でミスが発見されず、そのまま送ってしまっていたのです。
 幸いそれほど大きなミスではなく、すぐさま穴埋めを行い、上司の郡山さんに報告しました。
 しかし、ミスはミス。先方に迷惑をかけたことは間違いありません。木津根さんは郡山さんと一緒に謝罪に出かけました。

 客先に着き、郡山さんは言いました。
 郡山さん「いやぁ、申し訳ない。私の指導の至らなさが招いたミスです」
 木津根さん「大変申し訳ありませんでした。完全にこちらの不注意でした」
 狩野様「いえいえ、たいした損害もありませんし、ご足労頂くほどの事でもありませんよ」
 木津根さん「いやいや、本当にすみませんでした。」
 
 一通り謝罪が終わった後、質問があるということで、客先の別部署の方から声をかけられ、木津根さんはそちらのほうに出向いていきました。郡山さんは違う案件の話で、狩野様と話をしています。

 木津根さんは説明が終わり、郡山さんと狩野様がいる部屋に戻っていきました。
 部屋の前まで着いた時、二人が話しているのが聞こえました。
 
 郡山さん「いやぁ、部下の木津根は要領が悪くてねぇ。どうやら私がOKを出した書類と間違えて、書きかけの別なファイルを送ってしまったようなんですよ」
 木津根さん「!」
 狩野様「いえいえ、その話でしたら本当に問題ありませんので…」
 郡山さん「後できつく指導しておきますよ!」
 木津根さん「…」

 帰り道。
 郡山さん「感謝しろよぉ、オレのおかげで謝罪の場をセッティングできたんだからなぁ」
 木津根さん「…はぁ、そうですね」
 郡山さん「おい、なんだよその態度は?それが上司に対する態度か?」
 木津根さん「ご自分が理由を一番わかっているんじゃないですか?」
 郡山さん「…もしかして、聞こえてた?いや、ああでも言わないと狩野様も納得しないんじゃないかって考え」
 木津根さん「あっ、今日はもう時間ですね、ここで失礼します!」
 郡山さん「おーい…なんだよ、怒りっぽいヤツだなあ」

 それ以降、木津根さんは、別な先輩に書類をチェックしてもらい、その後で形式上郡山さんにチェックを依頼するようになりました。

 今日のテーマは、エントロピー増大の法則についてです。

 学生時代に、物理学、熱力学を受講したことのある方以外には、なじみの薄い言葉かもしれません。
 熱力学でいうエントロピーとは、端的に言うと、乱雑さ、無秩序を表した単位の大きさです。エントロピーが大きければ大きいほど、秩序がない、混沌とした、平均化された状態だ、というイメージになります。
 エントロピー増大の法則とは、閉じられた系において、時間経過に伴いエネルギーが平均化されるという意味をもつ法則です。
 例えば、冷たい水の中にお湯を注ぎ、なにもせずにしばらく待つと、お湯の温度は拡散してぬるま湯となり、やがてどこも同じ温度になります。しかし、逆はありえません。何も力を加えずにいくら待っていても、水とお湯に分離されることはありません。

 この法則が、どのようにビジネスに関わってくるのでしょうか?
 
 以下のようなシンプルなモデルを考えます。
 円を描き、中央に自分自身を配置し、自分と同じポジションに何人か(ここでは50人としています)の人間を配置します。この円は、企業という枠組み、自分の携わる領域、人脈などとして捉え、周りの人間は、社員、ステークホルダ、友人・知人などに捉えてください。同じポジションにいる人は、それぞれがみなランダムに勝手な動きをすると仮定します。そのまましばらく待ったらどうなるでしょうか?
 以下に、上モデルを表したアプリケーションを配置しました(要Java Applet動作環境)。リンクをたどり、クリックしてみてください。
 [何も手を加えない場合の行動モデル]
 いかがでしょうか。ランダムに動く周りの人間は、蜘蛛の子を散らすように拡散していき、時間経過とともにやがて視界(円の中)から消えてしまいます。最後には、一人ぼっちになってしまいました。
 
 この問題を解決するには、どうするべきでしょう?方法は何点かが挙げられます。
 
 まず、円の領域を拡げることが考えられます。現実社会では、行動範囲を拡げるイメージでしょうか。円の半径が大きければ、周りの人たちが円から出てしまうまでの時間が稼げます。また、範囲を拡げた分、一度にかかわることのできる母数が増えることになります。
 しかしこの方法は一時的な解決方法で、結局は一定時間が過ぎてしまうと周囲の人間は円から抜け出してしまいます。単体では大きく有効な手段とはならないでしょう。

 次に、外部からの人の流入を計算に入れることが考えられます。円の大きさを保っている状態で、自己領域の周囲にも同じようなモデルがあると想定できれば、外部から入ってくる人の数は外部へ出ていく人の数と同数としてカウントできるでしょう。
 しかしこの方法は、特定の個人と接する時間が限られたものとなってしまいます。せっかく築いた人脈も、また一からやりなおしです。深い話はできず、同じ次元での付き合いが何度も何度も続いていく…これもやはり、単体では厳しい解決方法となります。

 最も良い方法は、「外力を加える」ことです。
 エントロピーが増大するのは、「閉じられた系」である、という前提があります。水の入ったビーカーを下から炎で熱すれば、温度は上昇します。
 一人ひとりのステークホルダに対し、何かしら自分に近づいてもらえるような行動を繰り返すことで、上問題は解決されます。この方法は、長く、深く、安定した人間関係を築くことができます。
 [互いに惹かれあう場合の行動モデル]
 いかがでしょう?なかなか円から外れる人間はいませんね。

 当然の事じゃないかと思われるかもしれませんが、新しい人材を探す事に夢中になり、周りをおろそかにしてしまう人は意外に多くいます。本当に大切なのは、強固な人脈網、基盤を構築する事です。
 ここで上記2つの方法と組み合わせることで、新しい人材の流入を促進し、現在の基盤に吸収して調和し、らせん状に人脈を築くことができます。基盤ができているからこそ有効な方法論です。
 
 惹きあうための手段は、誠実さ、互いに得る利益の享受、人間性、知的好奇心の共有、ユーモアなど、様々です。いずれにせよ、何かしらのアクションを起こさないことには、関係を築くことは不可能でしょう。自分に近づく人間は、あなたのリソースを奪おうと考えている人を除いて、何かしらあなたに魅力を感じているからそのような行動に出ます。

 このモデルは非常に単純化してあり、実際には閉じられた系ではなく、社会があり、思想があり、物理法則だけでは解決できない事柄があります。しかし、根本部分では「何もしなければ人はやがて疎遠になってゆく」ことも事実ではないでしょうか。
 ビジネスの根幹は、人と人とのつながりにあります。この意識だけを頭の片隅においておくだけでも、大きな違いがうまれます。

 ちなみに、物語にあるように、人の信頼を裏切るような事を繰り返すと、あっという間に人脈は失われてしまいます。
 [互いに反発しあう場合の行動モデル]
 特に、負の感情は相手に一度抱かれると取り戻すのに大きなエネルギーを必要とします。自分に不利益になると思われる人と距離を置く場合を除いて、十分注意して行動しましょう。

 ※携帯電話ではJava Appletを確認することはできません。また、PCの一部ブラウザでは正常に動作しない可能性があります。ご了承ください。
(動作確認:Java1.6.0_11、IE8.0、FireFox3.0.10)
posted by cozyjet at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イソップ働話

2009年05月21日

ブレーメンの音楽隊

テーマ:ロジカルシンキング
 
 馬本さん、犬井さん、猫田さん、鳥山さんは、4人で組んで、webを利用した物販サイトを運営しています。目指すところは億万長者です。

 しばらく運営を続けていましたが、どうも伸び悩んできてしまいました。
 そこで4人は、サイト名に今流行している言葉をつけることにしました。最近では検索サイトから流れてくる人が多いので、これまでとは段違いの訪問者を数えるようになりました。

 その後、アクセス数が落ち着き、次第に固定客、リピーターが確認できるようになりました。
 
 さあ、ここからが勝負です。

 今回のテーマは、バズワード、そしてクリティカルシンキングについてです。

 バズワードとは、専門用語のようで、明確な定義がない言葉の総称です。バズ(buzz)はブンブンと蜂が飛び回る音から派生して、群集がガヤガヤ騒いだり、うわさが飛ぶことを意味します。
 バズワードは便利な言葉であり、様々な場所に溢れています。
 例えば、web2.0。一時期この言葉はとてももてはやされ、認知度が一気に高まりました。では、その実体は何でしょうか?この問いに答えられる人は、ただ単語を知っている人よりも格段に減ることでしょう。しかし、実体を知らなくても、この言葉を聞いた人は何か新しい、価値のあるものなのではないかという印象を受けます。
 このような言葉は、様々なジャンルにおいて巷に溢れかえっています。フォークソノミー、ロハス、ユビキタス、古くはITから最近では草食系まで。
 よく知らない言葉、響きのよい言葉は、神秘的で近未来的な印象を人々に抱かせ、知的好奇心を刺激します。

 これらの言葉はどのように成り立ったのでしょう。自然発生的に生まれたもの、コピーライターが生み出したものなど色々考えられます。
 ヒットした言葉をもじったものも数多くあります。○○力、△△の品格、××の説明書、□□メーカー…耳にしたことが多くあるのではないでしょうか。

 ここで大切なのは、それらの中身が有益なのかを見極めることにあります。
 バズワードは、言葉が一人歩きしてしまう現象を端的に表した定義です。「流行っているから」という理由で飛びつくのは、あまりにも危険です。

 少し話を移します。
 クリティカルシンキングという言葉があります。ロジカルシンキングと似ているこの言葉ですが、広義では同じジャンルに捉えることができます。
 クリティカルシンキングはその名の通り、物事を批判的な目で捉えることがその本質です。「否定」ではなく、「批判」です。ある物事に対し、そこに至った理由は?それでどうなるか?ほかの方法はないか?などの問いかけを繰り返すことによって、本質にせまる方法論です。

 私が屋号に使っている[mierka](サイト名にもつけています)、これも「見える化」という一種のバズワードをもじったものですが、単純に使っているのではなく、目に見える形、方法論やフレームワークをベースにソリューションを実現する事を目的としています。
 私は、けしてバズワード自体の否定はしません。魅力を与える力があるのも確かです。しかし、その言葉だけの魅力に惑わされず、その本質を知り、要・不要を判断しましょう。バズワードを利用してやり、利用されないようにしましょう。

 物語でも触れているように、世の中にはバズワードに代表されるような、物事を実際以上に大きく見せようとしている様々な事柄にあふれています。クリティカルシンキングを使用し、その本質を見極め、大事な部分を自分の糧として取り入れましょう。
posted by cozyjet at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グリム働話

2009年05月09日

大きなかぶ

テーマ:ロジカルシンキング

 A社は、とあるおもちゃ会社。新興市場に上場していて、同じ市場に上場しているB社とはライバル関係にあります。

 A社では、最近は商品のラインアップがマンネリ気味になっていました。そこで、何か新しいタイプのおもちゃを開発し、売上を向上させることを企てました。

 はじめ、企画部の社員がひとりで考えていましたが、なかなかよい案は出てきません。そのうち、もう一人の意見も聞き、二人で考えることにしました。
 ふたりで考えてだんだんよい案がでるようになったのですが、それでも画期的な案はでてきません。ほかの社員の意見も訊ね、三人で考えます。

 こうして、ひとりずつ人数を増やし、ある程度の人数が集まりました。
 これを一人ひとり別々に考えていたら効率が悪いと判断しました。全員を会議室に集め、自由に意見を言い、とにかくたくさんの案を出してもらうことにしました。
 途中で「その案はどうだろう」という批判的な社員もいましたが、そういった批判は禁止することにしたのです。

 ある程度出されたところで発案は止まってしまいましたが、類似はないか、逆に考えるとどうなるかといった視点で再考を促すと、また新しい案が出てきました。
 案は、使い物にならないものから、部分的には魅力的にみえるもの、奇抜なもの、斬新なものなど、様々なタイプのものが出されました。

 案が出きったところで、実現性、予想される原価、安全性、商品の訴求力など、様々な角度から分析し、結果的にすべての要件を満たす、ひとつの素晴らしい商品案が完成しました。

 この案がもとで、製品の売上は急上昇。会社の株価もウナギ登りで、ライバルB社の株価を大きく抜くことに成功しました。 

 何か新しい計画や案を考えるとき、どのような方法をとっていますか?
 発想は、一人では限界があります。「三人寄れば文殊の知恵」という格言にもあるように、複数の人が案を持ち寄れば、一人のときよりも断然よいアイディアが産みだされるでしょう。
 ここでは、どのように独創的・先進的な案を産み出すか、その案の中からどのように有効な案を整理するか、そこに焦点を当てて考えてみます。
 
 自由な発想、新しい案が欲しいときに有効な方法として、ブレーンストーミングがあります。集団発想法ブレストBS法などとも呼ばれています。これは、複数人が自由に案を出しあい、それをホワイトボードなどに列記していく発案方法で、独創性の高いアイデアを生み出す可能性を高めることができる方法論です。各員が参加することで、それぞれの当事者意識を高め、やる気を促すという副次効果もあります。
 このブレーンストーミングには、いくつかのルールがあります。
 ・質より量
  ひとつひとつの案の内容を都度吟味するのではなく、とにかく量を出すことに重点を当てます。
 ・批判禁止
  量がそろうまで、発案に対する否定的な意見は禁止します。
 ・自由意見の受け入れ
  独創性を発揮させるため、奇抜な意見を受け入れます。
 ・意見の派生
  出されたアイデアを派生させたり、アイデア同士をくっつけ、また新しいアイデアを生み出します。
 できれば、ファシリテータ(司会進行)役を置きましょう。ファシリテータの役割は、上記のルールを守っているかを判断すること
です。また、意見が頭打ちになってきた段階で「この意見を派生させることはできるでしょうか?」「これを逆に考えてみるとどうでしょう?」などの質問を行い、参加者の発想を促進させることです。

 ブレーンストーミングでたくさんの案が挙げられたら、案をまとめあげカテゴライズします。この時有効な方法に、KJ法があります。KJ法は文化人類学者で東京工業大学名誉教授の川喜田二郎氏が考案した概念で、その姓名の頭文字をとってKJ法と名付けられています。
 KJ法は、次の工程にて実施します。
 ・意見ひとつひとつをカード1枚に書き、広げる
 ・カードを同じジャンルのものでまとめて重ね、グループ名(見出し)をつける
 ・関連性のあるグループ同士を空間的に近い位置に配置し、矢印等で関連性を表す(図解化)
 ・文章に起こす(叙述化)

 今回はこれまでと毛色が変わり、複数人で実践するロジカルシンキングフレームワークの紹介でした。ロジカルシンキングでは、因果関係を考察することが胆になります。MECEとともに、強く意識しましょう。
posted by cozyjet at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア働話